読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低レートの思考

ポケモンについて喋ります

ひーらぎ杯準優勝構築

ひーらぎ杯という大会に出場させていただき準優勝という結果を納めさせていただきました。優勝一歩手間ということで少し悔やまれますが全体的に強気なプレイングが出来たので満足しています。構築紹介へgo→

今回の並びはこのような形です。

リザYカバドリポリ2ギャラナット リザYスタンから始まり2シーズン前から使い続けてる構築です。自分の中では一番自信のある構築です。

リザY CS252 控えめ 放射オバヒ気合ソラビ 猛火→日照り

構築の軸であり、攻めの軸。こいつを選出しない場合基本ドリュで詰める試合かサイクル戦になる。遅いガルーラが突っ張ってくることも多く対面からオバヒで飛ばせることもあるがあまりしない方がよい。ヘラクレセドランに対して交代読み気合い玉でドランに負荷をかけることで崩すことも可能。かなり選出率も高く優秀なポケモンだった。

カバルドン HB252 地震岩封怠ける欠伸 砂起こし ゴツメ

カバリザのカバの方。ガルガブアローを受ける役割を持つ。物理への安定性はさすがで信用している。サイクル戦になりやすいのでステロや毒があってもいいと思いました。

ドリュウズ AS252 アイヘ地震雪崩ドリル 型破り スカーフ

大会では珍しくドリルを一度も撃たなかった。砂かきではなく偽装したつもりもない。全体的に相手のポケモンを縛りやすいがガブガルにさほど強くないのがネック。しかしカバドリを読んでカバ読みロトムのような初手をリザで狩りまくっていた。フェアリーへの圧力としているが耐久もさほどないし鋼打点あるフェアリーが多いのでなんともいえない。とはいえとても活躍しているポケモンなのは間違いない。

ポリ2 HABCD調整 冷b再生シャドボ空元気 生意気 輝石

とあるブログのパクり。ボルトやゲンガー、ウルガモスに強かったが物理に思ったより柔くその辺は注意するべき。とても自覚のあるポケモンだったと思う。

ギャラドス HABDS調整 滝氷牙地震竜舞 ラム 威嚇

普段は鉢巻カイリューだがジョウトオープンによりロックされてしまい一時的にギャラにした。選出こそはしなかったが選出するか悩んだシーンは多く、ギャラナットという並びを作れたり環境の変化によって増え見過ごせなくなった鉢巻ガブにも強いので悪くないと思いました。

ナットレイ HB252 アイヘウィップ宿り木守る 残飯 鉄刺

ガッサ対抗枠...のはずだったが剣ガッサが増えそういっていいのか分からない。しかしこの枠を変える必要はないと思っている。ラティオスへの対抗枠も果たしている。交代読み電磁波を通さないときつい試合も多かったが割と読みやすく撃った際は3回中3回全て成功した。麻痺アイヘや宿り木守るで詰ませた試合も多かった。今回のMVPだと思う。

 

こんなところです。いかがだったでしょうか?自分は最高レートが1844と大会参加者の中ではとても低く自信がなかったのですが綱渡りのような試合はあまりなく勝てた試合は全て安定して勝つことが出来ました。

大会について

今回このような大会を主催してくださったひーらぎさん、及び運営を手伝っていた皆様、対戦してくださった皆様。ありがとうございました!そしてお疲れ様でした!